コンプレックスを一掃する

頬を触る人

いぼの悩みは美容整形外科で解決することが出来ます。炭酸ガスレーザーによる手術なら痛みも少なく傷跡が残る心配もなく、施術時間も短く施術回数も、ほとんどの場合一度で済ませられるため、気軽にいぼの治療を行うことが出来ます。

コンプレックスを解消

先生

いぼいぼ.com

いぼは手術で除去することができます。悩みを持っている人は、治療について調べてみましょう。

美容整形外科がおすすめ

顔や首などに突然現れるいぼは、女性にとってかなり気になるものです。そのいぼさえなかったらコンプレックスを抱えずに過ごすことができるという女性もいるほどでしょう。しかし多くの人がいぼは除去する時に大変で痛みも伴うものと勘違いしており、いぼの除去に対して躊躇ってしまうことがあります。また、どこに受診すればいいのかわからないという人も多く、現状維持を望んでしまう傾向もあるようです。そこで、今回はいぼを除去するならどこで行うのがおすすめなのか、どんな風に除去するのかについて詳しくご説明していきましょう。まず、いぼの除去と言えば皮膚科で行うものと認識している人も多いでしょうが、実は美容整形外科でも行うことができます。顔や首筋などにできた物であればぜひ美容整形外科で除去してもらうのをおすすめします。基本的には皮膚科や美容皮膚科でも行うことができますが、美容整形外科は除去後の肌も綺麗にしてくれるので安心して手術を受けることができるでしょう。いぼやほくろを除去するには、3つの手術方法があります。1つが局部麻酔を使用して切除する方法です。こちらは小さいものが対象で1センチ以下が適していると言われています。2つ目が、レーザーを使用した手術方法。こちらはいぼには使用することができずほくろのみになっています。そして3爪が炭酸ガスレーザーを使用した除去方法です。炭酸ガスを使用して蒸散させるので他の方法に比べて傷がつきにくく治りも早いのが特徴です。どの手術方法を使用するかによっても傷跡や回復に差が出てしまいますので、まずは美容整形外科にて相談してみてください。どの手術方法にもメリットとデメリットがあり、一番デメリットが少ないのが炭酸ガスを使用した手術方法です。ただし、施術してから1、2か月はピンク色したくぼみができてしまいます。このくぼみは徐々になくなっていきますが、人によっては半年程度かかってしまうこともあるようです。また、サイズによっても手術方法は限られてしまいます。先ほども述べましたがレーザーはほくろにしか使用することができませんので、切除か炭酸ガスかの二択になります。また、サイズによっては炭酸ガスしか使用することができないこともあるでしょう。肌への負担を考慮して、傷跡が目立たない方法を美容整形外科では考えてくれますので、まずは相談してみてください。費用に関しても、サイズによって価格が変動していく場所が多いようですので、まずは一度問い合わせてみましょう。

凹凸のないなめらか肌

鏡を見る人

いぼの除去には大きく分けて3種類あります。液体窒素を使って患部を壊死させ、新しい皮膚を作る凍結療法、炭酸ガスレーザーをいぼに照射して取る方法、メスを使った切除手術です。どの治療が最良であるかは医師と相談の上、決定します。

皮膚のできものは必ず治す

女性

いぼの手術は皮膚科で行うと早く安い手術をしてもらえますが、顔などの傷跡対策が重要な個所の場合は美容整形外科を紹介してもらうべきです。コストをかけてしっかりアフターケアしてくれる病院を利用するとノイローゼにならず、結果的に安くなります。

分かりやすい分析とは

医者

レーザー機器によるいぼ手術は、機械的に干渉強度をコントロールできるため、安全性の高い手術が可能です。より高い安全性を追求するには、クリニックによって違う照射形態やバランスを把握する必要があるので、医師に問い合わせてから受診を決定しましょう。